So-net無料ブログ作成
検索選択

72時間ルールの緩和措置、「極めて遺憾」―日看協(医療介護CBニュース)

 日本看護協会(日看協、久常節子会長)は2月22日、来年度の診療報酬改定に対する見解を発表した。チーム医療の推進や訪問看護の要件緩和など、10年ぶりのプラス改定を評価する一方、看護職の月平均夜勤72時間以内の要件(72時間ルール)については、72時間ルールのみを満たせない場合の入院基本料の減額を抑える緩和措置が設けられることから、「極めて遺憾」としている。

 チーム医療については、専門・認定看護師などを含む多職種チームでの取り組みが評価されたため、「効果的、効率的な医療提供に大いに寄与する」としている。
 また、訪問看護に関しては、同じ月に訪問できる訪問看護ステーション数の制限の緩和や、複数名による訪問看護が可能になったことを評価する一方、訪問回数の制限の緩和を2年後の改定での課題としている。
 さらに、72時間ルールを64時間に厳格化するよう求める日看協の要望が実現しなかったことに関しても、次々期改定での課題としている。


【関連記事】
特別入基料の要件に追加項目を―自治労
夜勤72時間ルールの“救済案”、「根本的な解決にならない」―日医・中川常任理事
【中医協】「夜勤72時間ルール」で四病協のアンケート結果を報告―西澤委員
看護職のワーク・ライフ・バランス推進でフォーラム
「課題は看護職の離職対策」―09年回顧と10年の展望 日本看護協会・久常節子会長

<幼児虐待>3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(毎日新聞)
参院京都で2人目擁立=民主府連(時事通信)
国母の東海大ひっそり「みなで応援したかった」(読売新聞)
<火災>大阪府立大学の部室棟燃える けが人はなし(毎日新聞)
<普天間移設>名護市長、「シュワブ陸上拒否」(毎日新聞)

ボールペン型カメラでスカート内盗撮 容疑の3等陸曹を逮捕 (産経新聞)

 女性のスカート内を盗撮したとして、陸上自衛隊通信団の市ケ谷駐屯地に所属する男性3等陸曹(26)が、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で昨年12月に逮捕されていたことが25日、警視庁新宿署などへの取材で分かった。陸曹はすでに釈放され、罰金40万円の略式命令を受けている。

 逮捕容疑は、昨年12月2日午後2時ごろ、新宿区内のコンビニで、近くにいた女性のスカートの中をボールペン型カメラを使って盗撮したとしている。

 陸自東部方面総監部によると、陸曹は内部調査に「欲求を満たすためにやった。同様の行為を100回以上やった」と説明。この日は非番で、映画を見るために1人で新宿へ行っていたという。

 陸自は今月24日付で陸曹を停職38日の処分としたが、陸曹は依願退職の意向を示している。

【関連記事】
3月定年前に…駅でスカート内を盗撮、北海道警警視を逮捕
女性のスカートの中を盗撮の大阪・鶴見署の元巡査を送検
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為
タイガータウン緊迫…スタンドで盗撮騒動
警官夫婦が地下鉄での盗撮を目撃 容疑の男逮捕

首相公邸改修費は474万円=政府答弁書(時事通信)
【単刀直言】平野貞夫元参院議員 「反小沢」を煽る渡部さん(産経新聞)
プリウス2台、ハンドル内部でナット脱落(読売新聞)
ビタミンDとCa摂取で糖尿病リスク低減も(医療介護CBニュース)
燃焼する大阪府市論争の行方は… 橋下府政ウオッチ(産経新聞)

<寺島しのぶさん>「賞の大きさを実感」…大阪で会見(毎日新聞)

 父は歌舞伎界の花形役者、母は映画界のスター女優という“名門”に生まれながら、時には体当たりの演技を見せて役者としての地歩を固めた寺島しのぶさん(37)が、海外でも実力を認められた。20日(日本時間21日未明)に行われた第60回ベルリン国際映画祭の授賞式で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。世界3大映画祭(カンヌ、ベルリン、ベネチア)での日本人俳優の最優秀男・女優賞獲得は、ベネチアで2回受賞の三船敏郎さん(97年死去)、ベルリンの左幸子さん(01年死去)と田中絹代さん(77年死去)、カンヌの柳楽優弥さん(19)に次ぐ史上5人目の快挙だ。

 「自分の演技に満足はしないけれど、世界の人によかったと言われたのがうれしかった」。寺島さんは21日、舞台で滞在中の大阪市内で記者会見し、喜びを語った。

 受賞発表は21日午前4時ごろ、滞在先のホテルで知った。「マネジャーと抱き合って奇声を上げました。何をしたかは覚えてません。家族や(フランス人の)夫の友人や世界中から祝福のメールが来て、この賞の大きさを実感しています」と顔を輝かせた。

 台本を読んだ瞬間、「電気が走った」と振り返る。感じたのは戦争世代である若松孝二監督の「言い残す」ことへの執念だった。「戦争のことは誰かが言わないといけない。人が憎み合い、殺し合う戦争を周りで支えている家族、家庭で起きている戦争を描きたかった。その共通している部分が世界で受け入れられたと思う」

 舞台の合間を縫って2日間だけベルリンにも行った。「入賞しても最優秀にならないからダメではなく、祝福してくれる。映画への理解力が優れているから、海外でやってみたい気にさせてくれる。英語フランス語を学んでコンディションを整えておきたいですね」と笑った。

 この日は蜷川幸雄さん演出の舞台の初日。蜷川さんは「寺島は世界のトップランナーであることを証明した」とたたえた。受賞トロフィーは若松監督が持ち帰り、大阪で「授賞式」をする予定という。【中村一成】

【関連ニュース
ベルリン映画祭:寺島しのぶさんが最優秀女優賞
内野聖陽:寺島しのぶから本気の平手打ち 舞台「私生活」公開けいこ
内野聖陽:寺島しのぶと犬猿の仲? 舞台「私生活」製作記者発表
永作博美:魔性の女役「愛に生きる人生を送りたいに1票」 ドラマ「四つの嘘」会見
ゲゲゲの鬼太郎:ウエンツらスーパー妖怪軍団集結 「映画が楽しくないわけない」

女性への薬物譲渡「押尾被告に言い訳相談された」 友人初公判(産経新聞)
「押尾被告は事実話して」麻薬譲渡被告の初公判(読売新聞)
宇宙飛行士の野口さん同僚ソリ開発「次もぜひ」…リュージュ(スポーツ報知)
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」(医療介護CBニュース)
普天間陸上案は非現実的=自民・谷垣氏(時事通信)

「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)

 「与党の時は感じなかったが、野党になり、もう少し尋問技術を磨いてから国会に出ればよかったと感じている」

 自民党の谷垣総裁は18日、都内で開かれた日本弁護士政治連盟の会合で、自らの国会質問への“反省”の弁を口にした。

 谷垣氏は弁護士出身だが、弁護士登録の翌年、父の専一・元文相の死去に伴う衆院補選に出馬したため、実務経験はわずかしかない。

 財務相や国土交通相などを歴任し、閣僚としての安定した答弁には定評があった谷垣氏だが、野党党首として臨んだ予算委員会や17日の党首討論での質問には「迫力不足」との指摘が出ており、追及する側の難しさに思わずぼやきが出たようだ。

交通事故 米子自動車道で正面衝突…3人死亡、4人重傷(毎日新聞)
小沢一郎政治塾「税金で側近育成」との批判も(読売新聞)
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ(産経新聞)
<日歯連>参院選比例で民主擁立の歯科医師支援を決定(毎日新聞)
普天間移設案の決定見送り=国民新(時事通信)

草津温泉が一番人気 「みんなで選ぶ 第2回温泉大賞」(産経新聞)

 大手ネットプロバイダー「ビッグローブ」の「みんなで選ぶ 第2回温泉大賞」で、温泉地部門の1位に草津温泉(群馬)が輝いた。同社が昨年11〜今年1月に約4万人のネット投票を受けたほか、サイトでの口コミ評価などをもとに決定した。

 草津は2年連続のトップ。湯量や泉質だけでなく、名物の「湯畑」「湯もみ」を評価する声が多かったという。投票者からは「いろいろ行った温泉地の中で一番泉質が良かった」「温泉地に来たぞ!という強烈な硫黄のにおい。雰囲気すべてが“温泉”」といった感想があり、満足度の高さをうかがわせた。

 以下、(2)由布院温泉(大分)(3)登別温泉(北海道)(4)有馬温泉(兵庫)(5)箱根湯本温泉(神奈川)。

 温泉宿部門では(1)加賀屋(石川・和倉温泉)(2)第一滝本館(北海道・登別温泉)(3)箱根ホテル小涌園(神奈川・小涌谷温泉)−など。また、「温泉の似合う有名人」は(1)吉永小百合(2)由美かおる(3)西田敏行−などだった。

北海道教組の資金、小林氏陣営が別口座で管理(読売新聞)
<留萌市長選>高橋定敏氏が無投票で再選(毎日新聞)
JR西幹部と接触の委員、再任せず 国交省(産経新聞)
<枝野刷新相>国の出先機関職員3万5000人以上を削減(毎日新聞)
【党首討論】実母へのカネ無心疑惑「全くの作り話だ」と首相が改めて反論(産経新聞)

桜の開花日 木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)

 最近の東京での桜の開花日が1週間の木、金曜日に集中していることが、民間気象会社ウェザーマップ(東京)の杉江勇次・気象予報士の分析で分かった。関東地方の他都市でも同様の傾向があった。経済活動を反映し、週の後半は他の曜日より気温が高いといい、都市化が開花を促している可能性がある。

【桜開花予想】都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に

 杉江さんは94〜09年、東京での桜の開花日と、この間の3月の最低、最高、平均の各気温を曜日ごとに調べた。

 それによると、開花したのは木曜日に5回、金曜日に4回と全体の約6割を占めた。土曜日は3回で、日〜水は2回以下だった。各気温とも週後半が高く、平均気温の場合、最も高かった金曜日は最低の月曜日を0.95度上回った。

 08年までの29年間の気温を解析した藤部文昭・気象研究所室長の分析でも、都市部では週の前半が低く、後半が高いことが確認。平日と土日では東京で0.2度、大阪で0.1〜0.15度の差があった。

 他都市の開花日では、横浜静岡神戸が東京と同じように木、金曜日での割合が高かった。しかし、名古屋は月曜日、大阪は火、水曜日が最多で、福岡は曜日間に目立った差はなかった。

 杉江さんは「都市部では車やオフィスから排出された熱がたまり、木〜金曜日が気温のピークを迎えるのだろう。これが開花に影響しているのではないか」と推測し、「都市間の違いがどこに起因するのかは分からない」としている。

 桜の開花に詳しい永田洋・三重大名誉教授(樹木生理学)の話 面白い着眼点だ。開花は、日射で温められる芽の温度によって左右される。日射との関係を調べるといいかもしれない。【江口一】

【関連ニュース
【特集】写真で見る各地のさくら便り2010
【特集】さくら情報
<桜開花予想>ウェザーマップが新規参入
<御室桜>クローン技術での増殖に成功 京都の仁和寺の桜 

<衆院本会議>予算委員長解任決議案を否決(毎日新聞)
グアム視察団、現地入り 社民、国民新はサイパンも訪問(産経新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(5)共生できるか「外国人労働者」(産経新聞)
<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)
<上野動物園>パンダ復活で街も復活…来園者回復の切り札に(毎日新聞)

<雑記帳>蓮花ちゃん、きっちり仕分け?ケーキに微妙な差(毎日新聞)

 バレンタインデー前の12日、平城遷都1300年祭公式キャラのせんとくんと民間キャラのまんとくんに、奈良県葛城市の公式キャラ蓮花(れんか)ちゃんがケーキを手渡した。

 せんとくんには以前、ラブレターを渡したこともあり、ケーキにはチョコレートで「大好き」と書いた。一方、まんとくんのケーキには「お友達」と書いて友チョコを強調。

 しかし、まんとくんが「お返しをいっぱいしたい」と伝えたのに対し、せんとくんは「1300年祭を盛り上げるお友達として好き」。蓮花ちゃんの恋は前途多難。【山崎一輝】

【関連ニュース
平城遷都1300年祭:開幕イベント 奈良県内4会場で
ゆるキャラ:香港で関西PR 大阪で結団式
パルコ:せんとくん、みうらじゅんとコラボ缶40種類をプレゼント 40周年キャンペーン
ゆるキャラ:ゆるっと関西、香港で観光PR 多忙ひこにゃん「欠席」
平城遷都1300年祭:寅年生まれ、開祭宣言−−奈良

愉快犯か報復か 被害拡大…食料品への縫い針混入(産経新聞)
<窃盗>カーナビ被害件数、過去最多に 高級車盗も大幅増加(毎日新聞)
替え玉殺人・中国人妻の共犯男の控訴棄却(産経新聞)
1万2000円相当も!高級チョコ無料配布にOL大喜び 女子応援イベント(産経新聞)
鉄道ファンが列車止める JR関西本線(産経新聞)

凍結候補49路線に大幅減=直轄国道の個所付け−政府(時事通信)

 政府が衆院予算委員会理事会に提出した2010年度公共事業予算の個別配分額(個所付け)の全容が12日判明し、直轄国道事業の中で予算額が「0〜1億円」の凍結候補は49路線となることが分かった。国土交通省が予算要求段階の昨年12月初めまでに自治体に示した凍結候補は約120路線で、約6割の事業が復活したことになる。
 今夏に参院選を控え、政府は民主党や地方の要望が強い道路事業の予算に一定の配慮をせざるを得なかったとみられる。
 復活の財源は約600億円。10年度から廃止される予定だった国直轄公共事業の維持管理地方負担金が年末の予算折衝の結果、一部残ることになり、道路分で460億円の国費負担が軽減された。この結果、コスト削減分と合わせて600億円の予算を確保した。 

【関連ニュース
長期政権が経費節減の道?
「母に資金無心」で応酬=与謝野氏追及、首相は全否定
衆院予算委の詳報
首相、解党時の寄付禁止に前向き=辞職決議「議論の必要ない」
証券優遇税制、見直しへ議論=鳩山首相

外交機密費上納の「闇」民主が使途公表NGの理由(J-CASTニュース)
米子自動車道で2台が正面衝突、3人死亡(読売新聞)
<糸島市長選>旧前原市長の松本嶺男氏が初当選(毎日新聞)
1億2千万円被害 振り込め詐欺「出し子」写真公開 (産経新聞)
小林議員側「裏金」疑惑 組織的癒着にメス 「火のないところに煙は立たない」(産経新聞)

石川議員、民主党離党へ 「小沢氏は反対しない」民主党幹部 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記載事件で、政治資金規正法違反の罪で起訴された同党衆院議員、石川知裕被告は離党の意向を固め、10日午後にも都内で小沢氏に会って報告し、最終判断を仰ぐ。小沢氏は了承する見通しだ。

  [フォト]石川知裕被告は見た? 民主党若手議員が書いた激励文

 石川議員は10日朝、衆院へ現れ、通常国会への初登院の届けを行った。民主党幹部は同日午前、「石川議員は離党の意向を小沢幹事長に会って伝える。小沢氏は反対しない」と語った。

 石川議員は9日夕、地元の北海道帯広市で記者会見し、「(進退は後援会と選挙区支部から)一任をもらったので自分自身で判断したい。(衆院議員としての)職責を果たしたい」と述べ、離党を示唆していた。その後、9日夜に空路上京し、党関係者と対応を協議していた。

 野党側は引き続き、小沢氏の責任を追及し、石川議員についても議員辞職勧告決議案の採決を求めていく構えだ。

【関連記事】
「お家事情」を意識? 石川議員離党で「小沢氏の責任」封印か
突然の“大”否定!首相、小沢氏への発言で食い違い
石川被告、民主党離党へ きょう小沢氏に伝達
小沢氏「潔白」宣言 開き直りとしか思えない
石川被告「ミス」→「わざと」→「意図的でない」 公判で全面対決へ

<山本病院>男性の容体急変時に理事長が外出、飲酒(毎日新聞)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)
野良カンガルーの足跡!?撮った!…宮城県大崎市(スポーツ報知)
ワシントン“凍結” 米東部中心に記録的積雪(産経新聞)
再診料690円で統一=診療所引き下げ格差是正−中医協(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。